先日の水道水漏れから学んだ点をおさらい

NO IMAGE

先日の水道水漏れから学んだ点をおさらいしたいです。
急な水道水漏れが起きてしまうと動揺してしまって、どの様な対応してよいのかわからなくなってしまいます。
先日の水道水漏れによって、多くの事を学ぶ事ができたので、今後の対策や対処方法を考えていきたいです。
特に水廻りからの水漏れにはその後の対応も大切になりますので、被害を拡大させないためにも素早い対応を行うようにしましょう。
また修理業者選びにも気をつけたい所です。

もし同様のことが起きたときのために水漏れ後の対処法をまとめる

水道水漏れが起きてしまった場合にはその後の対応方法に階下漏水を防ぐ事が出来るようになる為、日頃から水道水漏れ後の対処方法を考えておく必要があります。
まず水漏れが起きてしまったら水道の元栓をしめるようにして、水漏れを止める事ができるか確認します。
それでも水漏れが止まらない場合には自分だけの力では解決する事が難しいため、水廻りを専門に修理している修理業者を呼ぶようにしましょう。
修理業者に電話で依頼をした後は、被害が拡大しない様にタオルやビニールを敷くなど行い、水漏れをそれ以上、ひどくしない様にする事が大切です。
ここで何も対応を行わなかった場合に全ての水が床に流れてしまい、自分の部屋だけではなく、階下の部屋にまで水漏れが広がってしまいます。
また部屋の外にも漏れ出す可能性が出てくるので、迅速に対応する様にして下さい。
常日頃から不要になった雑巾などを置いておくようにして、急な水道水漏れが起きた時にも対処する事が出来るようにしておきましょう。

私が水道修理業者選びで気をつけたポイント

水道水漏れが起きた場合に呼ぶ修理業者ですが、いくつか気をつけたいポイントがあります。
まずは料金です。修理業者によっては現地確認をしてからでないと見積もりを出す事ができないと言う修理業者も居るので、そんな修理業者を選んでしまうといくらかかるかわからないので、不安になってしまいます。
次に来てくれる時間も大切です。水廻りの水道水漏れは急なトラブルなので、直ぐに対応して欲しいと言うのが本音ですが、修理業者に頼んでも場所が遠い場合には直ぐに来てもらう事が難しくなります。
普段から近場の修理業者を見つけておくと急なトラブルが起きた場合にも安心して依頼をする事が可能です。
最後に気をつけたいポイントとして、技術力になります。修理に来てくれても上手く直す事が出来ない場合は被害が拡大してしまうので、早急な対応が必要になります。
技術力がない修理業者に依頼をすると実際に現場に来ても対応する事ができない事もありますので、注意が必要です。

おススメHP
水道修理業者さん選びに迷ったら
大阪府の水道水漏れ修理業者なら住まいる水道さん